headband

膝の痛みと病院

HOME >> 変形膝関節症とサプリメントの効果

変形膝関節症とサプリメントの効果

※「グルコサミンやコンドロイチンは膝痛に効きますか?」からの続きです。

摩耗する軟骨
膝に痛みが現れる原因の一つに形性膝関節症がありますが、この膝の疾患は、膝関節に存在する軟骨が摩耗することで引き起こされます。

軟骨が摩耗する過程において、膝に痛みが現れるわけではありません。年齢を重ねることで軟骨が摩耗して、やがてクッションの役割を果たしていた軟骨は消失してしまうのです。

そうすると、骨と骨が直接こすれることになりますので炎症が引き起こされて痛みという症状となって現れてくるのであります。この際の痛みは、激痛と言ってもよいことがありますので、軟骨が失われる前の段階で何らかの対処を施しておかなければいけませんね。


サプリでは軟骨の修復はできません
グルコサミンやコンドロイチンには、炎症を抑制する効果があります。このことから、炎症からきている膝の痛みには、それなりに痛みを緩和させる効果を見込めるでしょう。しかしながら、軟骨が摩耗する過程や膝関節の変形に関わる問題点については、何の効果も期待できません。

膝関節の軟骨が完全に失われることが原因となって膝に痛みという症状が現れた場合は、最終的には人工関節手術が必要となってくる場合もあります。


あらゆるメディアで、グルコサミンやコンドロイチンの効果を大きく宣伝したりしますと、まるで膝痛が治るというような印象を受けてしまうかもしれません。ところが、現実には炎症を抑えこんでいるだけなのです。

グルコサミンやコンドロイチンの服用で、もし膝痛が解消したのであれば、それは一時的に膝関節の炎症を抑え込んでいる状態か、自然治癒したと考えるべきでしょう

膝痛を予防する、あるいは改善するということであれば、何よりも膝のブレを防ぐために下半身の強化を図ることが大切です。

pagetop

原因

症状

治療方法

対処法

サプリメント

病院

予防

原因

症状

治療方法

対処法

サプリメント

病院

予防

Copyright(C) 2012 膝の痛みと病院 All Rights Reserved. 積み立て方法