headband

膝の痛みと病院

HOME >> 膝痛を緩和するテーピングとサポーター

膝痛を緩和するテーピングとサポーター

スポーツ選手も活用しています
膝が痛い時というのはテーピングやサポータをすると痛みが緩和されるというお話がありますが、実際問題としてどのような効果があるのでしょうか?

少し話題がズレますが、スポーツ選手というのは激しい運動をしますので、どうしても膝を痛めてしまうことがあるわけです。

そうする膝を痛めた選手は、テーピングやサポータを装着するなどして試合に臨んだりするケースも多いかと思います。

とくに廻し(まわし)で行う大相撲の場合は、膝にテーピングやサポータを装着している姿は目立ちますのですぐに分かりますよね。


膝関節脱臼でも優勝した貴乃花関
プロのスポーツ選手が膝を痛めた時にテーピングやサポータをするわけですから、当然その効果を期待して施しているはずです。

効果がなかったら、その道のプロフェッショナルが使用するはずありませんからね。テレビの画面に映るあのような光景からしても膝痛に対してテーピングやサポータがお分かりいただけると思います。


その昔、横綱の貴乃花関が14日目に膝関節を脱臼してしまって千秋楽の、同じく横綱の武蔵丸関との対戦で膝関節をテーピングでガチガチに固めて、仁王様のような厳しい表情で戦った姿はあまりにも有名なお話ではないでしょうか?

そして勝った上で優勝したのは膝を痛めている貴乃花でした。

膝痛の緩和や膝の保護のためにテーピングやサポータすることは有効なのです。それはなにもスポーツ選手に限ったことではなく、私たち一般人においても同様のことが言えるわけですね。


※こちらに続きます。
>>>膝痛に有効なテーピングやサポーター

pagetop

原因

症状

治療方法

対処法

サプリメント

病院

予防

原因

症状

治療方法

対処法

サプリメント

病院

予防

Copyright(C) 2012 膝の痛みと病院 All Rights Reserved. 積み立て方法