headband

膝の痛みと病院

HOME >> 膝の痛みとこわばり

膝の痛みとこわばり

※「膝痛の症状とは?」からの続きです。

【膝痛の症状】
(1)膝の違和感
(2)膝の痛み
(3)膝のこわばり

(1)の「膝の違和感」につきましては>>膝痛の症状とは?<<をご残照ください。

(2)膝の痛み
膝がそれこそぎっくり腰のように急に痛くなることもありますが、多くの場合膝に違和感が現れて、それがさらに悪化した形で膝の痛みという症状が出てまいります

段階的に症状が悪化する膝痛の場合は、膝の違和感から始まって症状が進行して痛みが現れたとしても最初は軽度な痛みです。


足を動かそうとした時や、朝の起き抜けに立ち上がろうとした時などに軽い痛みを感じる程度のものです。

しかしながら、この段階から症状の進行とともに痛みも大きくなり、そして痛み自体も長く続いたりするようになります。


(3)膝のこわばり
実際に膝に痛みが現れるようになりますと、痛い膝をかばうようになります。そして痛む膝は無理に動かさなくなるわけですね。

人間の関節というのは、動かさないと可動範囲が徐々に狭まってくることになります。五十肩のように癒着まではしないにしても、足を動かさないことによって膝関節が凝り固まることになります。


このような状態になりますと、足を動かそうとしてもこわばってしまって動かし辛くなってしまうわけですね。

もちろん、痛みはともかくとして動きに関しては動かすことで凝り固まった関節もほぐれて動くようにはなります。


膝痛の原因の多くは年齢からくるもの、そして過体重にあります。もしも膝が痛いとか、膝に違和感があるのであれば、病院に行って診てもらいましょう。

ところで今は、なかなか優れた膝痛のスチレッチや体操があります。

※参考記事
>>膝痛に効果のあるストレッチ<<

pagetop

原因

症状

治療方法

対処法

サプリメント

病院

予防

原因

症状

治療方法

対処法

サプリメント

病院

予防

Copyright(C) 2012 膝の痛みと病院 All Rights Reserved. 積み立て方法