headband

膝の痛みと病院

HOME >> 膝が痛くならない走り方

膝が痛くならない走り方

※「歩くよりも走るほうが膝痛になりやすい」からの続きです。

筋力低下している膝周り
走るという運動動作は足を上げてから着地するとき、膝には自体重の約3倍もの衝撃となって襲ってきます。

若い時分からジョギングをやっていた方ならばともかくとして、始めたばかりの人というのはついつい急に走りだそうとしがちです。


このように急に走ったりすると膝に痛みという症状が現れるのは、膝の周りにある筋肉の筋力が低下した状態にあるからなんですね。

膝周りの筋力が低下した状態でいきなり走り出したら、地面から膝へと伝わる衝撃が膝関節を直撃することになります。その結果、膝を痛めてしまうんですね。


膝周りの筋肉を鍛えましょう
近年ではマラソンやジョギングはブームと言っても良いような時代にあります。そんなブームに乗っていきなりジョギングを始めたような方たちの影響もあろうかとは思いますが、膝痛を訴える方が以前よりも増加傾向にあるのです。

ジョギングやランニングで膝痛にならないためには、ストレッチを取り入れるなどしてウォーミングアップをしっかりと行って体を温めてからスタートするようにしましょう。


また膝への衝撃を緩和させるためにも膝関節周りの筋肉のスクワットなどの運動で強化を図ると良いと思います。

筋力アップを図ることで筋肉が膝へと伝わる衝撃の緩衝材になってくれるでしょう。ただしスクワットをやり過ぎないでくださいね。別な意味で膝を痛めてしまいます。

走り終わったらそのまま運動は終わりということではなく、クールダウンやマッサージを行うことで血行の良い状態を保ちながら疲れを取り除くと良いでしょう。

pagetop

原因

症状

治療方法

対処法

サプリメント

病院

予防

原因

症状

治療方法

対処法

サプリメント

病院

予防

Copyright(C) 2012 膝の痛みと病院 All Rights Reserved. 積み立て方法