headband

膝の痛みと病院

HOME >> 膝通用サポーターは病院で作ってもらいましょう

膝通用サポーターは病院で作ってもらいましょう

※「膝痛にサポーターの効果は?」からの続きです。

効果のあるサポーター
膝痛の原因には、軟骨の変形や摩耗、あるいは骨の摩耗などもありますが、膝周辺の筋力の衰えからくる場合もなかなか多いわけであります。

このような筋力の衰えからくる膝痛の場合は、サポーターを装着することで筋力不足をカバーして膝への負担を軽くしてあげれば痛みも緩和されます


膝痛対策のサポーターで固定タイプのものの中にも、割り合いに薄くできているもの、厚手のもの、血行を促進してくれるものなどと色々な効果を得られるものが揃っております。

これらのもの以外には、保温を主眼においたタイプのサポーターもあります。膝が冷えることで痛みという症状となって現れる場合もありますので、そのような時には患部を冷やさないためにも保温に主眼を置いたサポーターを選択すると効果が得られるはずです。


サポーターは病院にお願いしましょう
膝用のサポーターの価格は、2000円くらいのものから1万円以上という具合に色々ありますので、まさにピン切りといった感じですよね。

ただ、病院に行って診察を受け、膝痛の治療のために作ってもらうということであれば、健康保険が適用されますので実質3割負担ですから、結果としてより良いもの、自分の症状にマッチしたものを安い金額で作ってもらうことも可能です

したがいまして、膝痛のことでなんだかんだと言いながらも、結局は病院で診てもらうことがベストな選択ということになりますね。

もし膝が痛いということであれば、病院に行くことをおススメします。

pagetop

原因

症状

治療方法

対処法

サプリメント

病院

予防

原因

症状

治療方法

対処法

サプリメント

病院

予防

Copyright(C) 2012 膝の痛みと病院 All Rights Reserved. 積み立て方法