headband

膝の痛みと病院

HOME >> 変形性膝関節症の外科手術

変形性膝関節症の外科手術

完全に治すためには手術が必要
変形性膝関節症治療の場において、外科手術という最後の手段と言ってもよい方法が実施されることもあります。

ただこの方法は、今も申し上げました通りで、やはり最後の手段ですから、その前の段階としまして保存療法が行われることの方が多くなっております。

ちなみに保存療法とは、「進行を止める」医療行為ということです。


変形性膝関節症の治療で、薬物療法とかリハビリが実施されて、そこそこ症状が良くなったとしましても、大幅な症状の緩和や完治までにはたどりつかないケースの方が多いというのが現実です

そうしますと痛みのある膝を完全に治すためには、やはり外科手術という方法を頼らざるを得ないということにもなるわけです。


高位脛骨骨切り術と片側人工膝関節置換術
実際に行われる外科手術ですが、骨や軟骨の変形が割合に軽い方の場合は、高位脛骨骨切り術という手術が採用されることになるでしょう。

高位脛骨骨切り術の意図するところは、手術で変形した脛骨の形を調整して膝への負担を軽くさせるところにあります。


また、膝の骨の状態がもっと思わしくない方、摩耗や破損の状況が酷いケースでは、片側人工膝関節置換術という手術が行われることになります。

片側人工膝関節置換術という手術は、形が変わってしまったり破損した関節の表面を人工的に造られた部品を用いて部分的に置き換えてしまうという手術です。

要するに痛みの現れている患部の膝に、金属でなどで造られた人工的なものを埋め込む手術ということです。


※こちらに続きます。
>>>人工膝関節全置換術について


【関連記事】
>>変形性膝関節症の手術<<
>>人工膝関節手術について<<

pagetop

原因

症状

治療方法

対処法

サプリメント

病院

予防

原因

症状

治療方法

対処法

サプリメント

病院

予防

Copyright(C) 2012 膝の痛みと病院 All Rights Reserved. 積み立て方法