headband

膝の痛みと病院

HOME >> 人工関節手術の後遺症について

人工関節手術の後遺症について

手術は最後の手段
膝の痛みを治療する方法の中に、人工関節手術という選択肢があります。

人工関節手術と言いましても、膝に対しての治療方法ですから人工膝関節手術ということになります。

この方法は、膝に慢性的な痛みを持っている人に対して、症状の改善のために実施される手術です。ただ、膝にメスを入れるわけですから、最後の手段ということになりますね。


一般的にも、けっして手軽に実施されるような手術ではありませんから、実際に人工膝関節手術を受けようかと考えた場合、その成功率とか後遺症については非常に気になることだと思います。

実際に想定できる後遺症としましては、手術を受けたはずなのに膝には痛みが残っているとか、膝を曲げたり伸ばしたりすることがしっかりとできないというようなことが考えられます。

また、膝に思うように力が入らなくてガクガクするというような場合もあります。膝が抜けるというような感じでしょうか?


感染症や合併症の危険も
人工膝関節手術は、当たり前ですけれども皮膚を切開して実施されます。そのようなケースでは、感染症を起こす危険性もありますし、合併症を起こすこともあり得ます

この手術自体は、それほど難しい手術というわけではありませんが、それでは成功率が100%かと言えば、そんなことを保証できる人はどこにもいないと思います。


病院ごとに扱った件数に違いがあるのは当然のことです。手術のことを考えるのであれば、事前に主治医とよく相談する必要がありますね。


※こちらに続きます。
>>>人工関節手術の後遺症ですか?

pagetop

原因

症状

治療方法

対処法

サプリメント

病院

予防

原因

症状

治療方法

対処法

サプリメント

病院

予防

Copyright(C) 2012 膝の痛みと病院 All Rights Reserved. 積み立て方法