headband

膝の痛みと病院

HOME >> 人工膝関節手術について

人工膝関節手術について

膝の痛みが解消されない時?
膝関節に慢性的な痛みを抱えていらっしゃる方というのは少なくないようですが、そんな膝関節の痛みを改善させるため、痛みを鎮めたり軽減するための薬である消炎鎮痛剤を用いての薬物治療が実施されたり、リハビリが行われるなど色々な治療方法が施されるわけであります。


ただ残念なことに、色々な治療方法を施されているにも関わらず、思うように膝の痛みが解消されることがなかったり、痛みが激しくて毎日の生活にも影響を及ぼすようであれば、「人工膝関節手術」の実施も視野に入れる必要がある場合もあります。


人工関節を埋め込む手術
膝の関節痛治療において、最終的な方法と考えられているのが人工関節手術ということになります。もちろん、後悔などしないためにも医師とよく相談の上決定する必要があります。

ということでここでは、人工関節手術というものが実際にどのような手術なのかということについて、ちょっと取り上げてみたいと思います。


これは簡単に言ってしまえば、膝関節で痛みのあるところを取り除いてしまって、そこに人工関節を埋め込むという手術になります。

このような人工関節手術が実施されるにあたっては、膝の皮膚を12センチから15センチも切ることになります。これって、話を聞くだけでも背筋がゾクゾクするほど痛みを想像してしまいそうですよね。


もちろん手術は、全身麻酔を施された上で実施されることになるわけですから、手術中に痛みを感じるようなことはないわけであります。


※こちらに続きます。
>>>人工膝関節の費用について

pagetop

原因

症状

治療方法

対処法

サプリメント

病院

予防

原因

症状

治療方法

対処法

サプリメント

病院

予防

Copyright(C) 2012 膝の痛みと病院 All Rights Reserved. 積み立て方法