headband

膝の痛みと病院

HOME >> 天気痛の原因と改善方法

天気痛の原因と改善方法

※「天気が悪いと関節が痛むのはなぜ?」からの続きです。

気圧の低下が原因
雨が降るなどで天気の悪い日に、関節や古傷が痛むことを関節痛と言いますが、なぜこのような症状が現れるのかについてご説明してみますね。

雨が降りますと、天候の崩れとともに気圧が低下してまいります。

そうすると人間の体のそれぞれの場所で、気圧の低下に対抗しようと活動を始めて、体の中から外に向かって押し返すように圧力をかけます。


このように押し返そうとした時は、細胞が膨張傾向になってヒスタミンが分泌されてしまいます。そしてあの花粉症でもよく知られているヒスタミンが分泌されてしまうと関節に痛みという症状となって現れてくるわけなのです。


雨にも影響受ける関節痛
さらに雨がふりますと、湿度が上昇します。もしかしたら意外に思われるかもしれませんが、実は湿度が上昇しますと人は、汗をかき辛くなるんですね。

そうすると体の中には、本来排出されるべき老廃物が留まってしまいます

このような形で老廃物が溜まりますと、身体にはむくみが出てきますので血行不良となってしまいます。


血行不良というのは血液が上手く循環していないわけですから、体の各部分に栄養が回り辛くなりますそうしますと、痛めている関節などがあれば痛みという症状となって現れてしまうわけです。

天候の悪化などで生じる天気痛を改善させる方法としましては、血行不良を解消させてあげる必要がありますので、ゆっくりお風呂に入ったりするのも効果があります。

pagetop

原因

症状

治療方法

対処法

サプリメント

病院

予防

原因

症状

治療方法

対処法

サプリメント

病院

予防

Copyright(C) 2012 膝の痛みと病院 All Rights Reserved. 積み立て方法