headband

膝の痛みと病院

HOME >> 天気が悪いと関節が痛むのはなぜ?

天気が悪いと関節が痛むのはなぜ?

膝が痛むから雨が降る?
昔から言われているお話に、こんなのがあります。

「今日は関節が痛いから、きっと雨が降りますね」とか「天気が悪いと古傷が痛むんですよ」

いかがですか?聞いたことのある方って、けっこういらっしゃるのではないでしょうか?


実は私の知人にもそのような方がおりまして、痛む膝をさすりながら「今日はきっと天気が崩れるよ」こんなことを時折言っていたものです。

あっ、今も健在ですから相変わらず天気が悪いと膝をさすっていますけどね。


このような症状には、ぴったりの名称がつけられておりまして、その名も「天気痛」というものです。

天気痛というのは、読んで字のごとくでありまして、天気によって痛みがひどくなるなどのように、症状に影響が現れることを言います。


気圧と湿度に影響を受ける関節
天気と痛みの因果関係が、間違いのないところまで明らかにされているわけではありませんが、考えられることとしましては、気圧と湿度が深く関わっているのではないかということです。

天気が崩れて雨が降りますと、当たり前ですが気圧も下がって湿度は上昇します。


人間の体というのは、気圧が下がりますと外部からの刺激に対して反応します。どのような反応かと言いますと、ヒスタミンという物質が分泌されるようになってしまうのです。

ヒスタミンというのは、血管拡張を起こしたり、アレルギーや炎症を起こすことはよく知られていることと思います。


花粉症の季節、雨の日はの方がアレルギー症状がひどいという人がいますが、これなども天気痛と同じような構図になっていますよね。


※こちらに続きます。
>>>天気痛の原因と改善方法(準備中)

pagetop

原因

症状

治療方法

対処法

サプリメント

病院

予防

原因

症状

治療方法

対処法

サプリメント

病院

予防

Copyright(C) 2012 膝の痛みと病院 All Rights Reserved. 積み立て方法