headband

膝の痛みと病院

HOME >> なぜ膝が痛くなるのでしょう?

なぜ膝が痛くなるのでしょう?

膝痛の多くは変形性膝関節症
膝というのは、どうしてこんなに痛くなるものなのでしょう?こんな風に思われる方も多いのではないでしょうか?

膝痛でお悩みの方のほとんどは、変形性膝関節症と言われております。本当はある年齢を迎えた場合、肥満にならないように気をつけて膝への負担を軽減し、膝周辺の筋力が衰えないようにしなければいけません。


このような変形性膝関節症になる原因には色々なケースがありますので、今回はいくつかの要因について取り上げてみたいと思います。

人間は中高年になりますと、軟骨が摩耗してしまうことがあります。このように軟骨が摩耗してしまいますと、やはり膝に痛みが現れるようになってしまいます。


ちなみに厚生労働省の資料の一部によりますと、中高年というのは具体的には45歳から64歳までを指しています。


すり減っていく膝関節の軟骨
日々の生活の中で、当たり前のように立ったり座ったり、そして歩いていると思います。このように毎日何気なく行っている行動が、膝に負担を与えていることになるのです。この膝への負担によって、年を追うごとに軟骨はすり減ってしまうわけなんですね。

それから体重が増えたりしても膝に負担がかかってしまいますので、軟骨はすり減る危険があります。


また、加齢による筋力の低下という問題もあります。仕方のないことですけれども、筋肉というものは年齢とともに衰えてまいります。もちろん日常的に意識して鍛えている方は別ですよ。

このような筋力の低下も膝痛の原因になります。


※続きはこちらです。
>>>膝痛の原因〜老化と血行不良〜

pagetop

原因

症状

治療方法

対処法

サプリメント

病院

予防

原因

症状

治療方法

対処法

サプリメント

病院

予防

Copyright(C) 2012 膝の痛みと病院 All Rights Reserved. 積み立て方法